今年は百人一首をおぼえます

昨年末に突然「来年は百人一首をおぼえよう」と思い、百人一首が掲載されたカレンダーを購入しました。
このカレンダーは日めくりになっていて1年で100首を紹介します。

ということで3~4日で1首を覚えることになります。
今年もまだ始まったばかりなので今のところ7~8首くらいしか覚えてませんが、考えると先はまだまだ長いです。
百人一首をおぼえるのは高校生の時以来です。
私の通った高校では古典の試験に百人一首が出題されていました。
初めの数首は覚えたものの途中で覚えられなくなり試験では百人一首に関してはいつも回答を諦めていました。
また、私は高校の授業のクラブ活動で「かるた部」に一年間だけ入っていました
希望して入ったのではなく、入りたかった部の抽選に漏れて仕方なく入りました。
かるた部にはクラスの仲の良い友人もいました。
この友人は100首すべて覚えており札を取るのも早かったのでいつもコツを教えてもらいながらクラブ活動に臨んでいました。
友人から上の句が「む」で始まり、下の句が「き」で始まるのは1首しかないと教わり、必ずその詩は取ろうといつも意気込んでいました。
考えてみると「む」で始まるなら「き」の札という事しか覚えておらず、どんな詩なのかよく知りませんでした。
気になり真っ先にカレンダーでその詩を確認しました。
何となく秋の情景が目に浮かぶいい詩でした。
途中覚えたかどうかテストしてもらいながら、年末に100首すべて覚えられるよう頑張ろうと思います。

«
»
 

相談は無料の自己破産の専門家です

言葉のイメージが強くて、自己破産はこわいとおもわれがちです。とはいえ、きちんと仕組みと制度の目的を理解すれば、
生活の再スタートをしやすくなります。