ひな人形を飾りました

2月18日は二十四節気の雨水だそうです。
この「雨水」の日にひな人形を飾ると良縁に恵まれるという事を知りこの日まで飾るのを待っていました。

ひな人形は子供が生まれた年に母が買ってくれました。
初めてのおひなさまの時はまだ赤ちゃんで寝てばかりだったので何の問題もなく飾ることができました。
しかし翌年には子供も動き回るようになり目に入るものは触って、ポイポイ投げたりするようになったのでそれから数年は飾るのを控えていました。
今年は数年ぶりに飾ってみようと思い久しぶりにひな人形の箱を開けました。
我が家のひな人形はお雛様、お内裏様、三人官女だけなので簡単に飾ることができました。子供の通う園には2月の初めに7段のひな人形が飾られました。
このひな人形は卒園生のお母さんが引っ越しに伴い園に譲って下さったものだそうです。
やっぱり7段のひな人形は見栄えがします。
ひな祭りの日には子供たちはこの人形のそばでひな祭りの集いをするそうです。
私も実家に7段の人形を持っていますが子供の時に飾ってもらって以来もう数十年飾ってないので今はどうなっているのかわかりません。
ひな人形は3月3日を過ぎたら早めに片付けないと婚期が遅れるといいます。
私が子供のころに親はいつまでも片づけをしてくれませんでした。
そのせいで私の婚期が遅れたのかな~と思うと、子供のためにできるだけ早めに片付けようと思います。

«
»
 

相談は無料の自己破産の専門家です

言葉のイメージが強くて、自己破産はこわいとおもわれがちです。とはいえ、きちんと仕組みと制度の目的を理解すれば、
生活の再スタートをしやすくなります。