アーカイブ: 2016年3月

現住所と住民票が違う場合の自己破産の申し立てについて

自己破産を申し立てる際に住民票の場所と違うところに住んでいたとしても「居所」で申し立てを行なうことができます。

自己破産の申し立てをする場合、住民票の場所と違うところに住んでいたとしても、
「居所」(現在住んでいるところ)で申し立てを行なうことができるということになっています。
“現住所と住民票が違う場合の自己破産の申し立てについて” の詳細は »

自己破産を申し立てる際に必要な書類について

必要書類の中の「陳述書」はとても重要で裁判官が特に厳しく見る書類なので、できるだけ詳しくたくさん書く必要があります。

裁判所に自己破産を申し立てるには、「申立書類」と「添付書類」が必要です。
「申立書類」とは、以下の5つの書類を指します。
これらの書式は裁判所や裁判所のホームページで入手することができます。
“自己破産を申し立てる際に必要な書類について” の詳細は »

自己破産を申し立てたらあともう少し作業があります

申立書類について不足している事項については追完という作業で補います。

自己破産の申立に必要な書類をそろえ、準備万端に裁判所へ書類を
提出したらもう一安心、ときたいところですが開始決定まではあと
もう少しかかります。
“自己破産を申し立てたらあともう少し作業があります” の詳細は »

相談は無料の自己破産の専門家です

言葉のイメージが強くて、自己破産はこわいとおもわれがちです。とはいえ、きちんと仕組みと制度の目的を理解すれば、
生活の再スタートをしやすくなります。