アーカイブ: 2014年4月

支払っていいものと、支払ってはいけないもの

破産を決めたら特定の相手だけに返済をすることはできませんが家賃などの支払継続は可能です。

自己破産の申し立てを決めたら、どの債権者への返済も一旦ストップすることになります。
消費者金融やカード会社への返済だけでなく、親族や友人、勤務先の会社からの借入なども返済してはいけません。

“支払っていいものと、支払ってはいけないもの” の詳細は »

家族に内緒で自己破産を申し立てたい

裁判所から家族に破産の連絡はいきませんが、申立書作成の際に家族の協力が不可欠です。

自己破産をする際に、家族に内緒で申立をしたいという方がよくいらっしゃいます。
自己破産をしても裁判所から家族に直接連絡がいくことはありません。

“家族に内緒で自己破産を申し立てたい” の詳細は »

自己破産をしたが借金がなくならない場合

破産を申立て実際に借金を0にしてもらうためには、免責不許可事由に該当しないことが条件です。

自己破産を申し立てて、支払不能であることが認められ、その後、免責許可(支払う責任を免除してもらう)の決定を受けるためには、「免責不許可事由」に該当しないことが条件となります。

“自己破産をしたが借金がなくならない場合” の詳細は »

相談は無料の自己破産の専門家です

言葉のイメージが強くて、自己破産はこわいとおもわれがちです。とはいえ、きちんと仕組みと制度の目的を理解すれば、
生活の再スタートをしやすくなります。