アーカイブ: 2013年12月

20万円以上の現預金、そして保険の解約返戻金

現金・預金が20万円以上の場合は管財事件となり、管財人によって財産は処分されます。

自己破産をした際に20万円以上の現金や預金を所持していた場合は、
「管財事件」という正式な自己破産の手続きで進められ、原則、財産は手続きの中で処分されます。

“20万円以上の現預金、そして保険の解約返戻金” の詳細は »

自己破産手続き(申立後)の流れ

申立書を提出した後何度か裁判所に行き、最終的に裁判所に認めてもらうと借金が0になる。

作成した申立書を裁判所に提出し、受理されると破産手続きが始まります。
申立から免責(借金がなくなり、支払わなくてもいいと裁判所に認めてもらう)までは、次のような流れで進みます。

“自己破産手続き(申立後)の流れ” の詳細は »

相談は無料の自己破産の専門家です

言葉のイメージが強くて、自己破産はこわいとおもわれがちです。とはいえ、きちんと仕組みと制度の目的を理解すれば、
生活の再スタートをしやすくなります。