債務者と債務整理について

自己破産の予納金の種類について

引継予納金が必要となるのは管財事件の場合だけで、同時廃止事件の場合には不要です。

自己破産の手続を行う場合申立てをした人は裁判所に一定の金額のお金を支払わなければなりません。
これを「予納金」といいます。
“自己破産の予納金の種類について” の詳細は »

連帯債務者と連帯保証人について

連帯債務は債務者それぞれが同一の債務について同じように責任を負うということであり、連帯保証人は、本人と連帯して債務を保証する人のことです。

「連帯債務者」とは連帯して債務を負っている者ということです。
連帯して債務を負うということは、それぞれが同一の債務について同じように責任を負うということです。
“連帯債務者と連帯保証人について” の詳細は »

自己破産と保証人の関係について

債務者本人の債務が免責されても保証人が追っている保証債務は免責されません

債務者本人が自己破産を申し立てた場合、保証人はどうなるのでしょうか?
債務者が何らかの理由で借金の返済が出来なくなった際に身代わりに残りのお金を返済する義務を負うのが保証人です。
“自己破産と保証人の関係について” の詳細は »

相談は無料の自己破産の専門家です

言葉のイメージが強くて、自己破産はこわいとおもわれがちです。とはいえ、きちんと仕組みと制度の目的を理解すれば、
生活の再スタートをしやすくなります。